本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

歩く、走る、自転車…どれが一番やせますか?

歩く、走る、自転車、これらは全て有酸素運動と言われる運動になります。
(運動強度によっては有酸素運動にならない場合もあります。)

有酸素運動は、運動中に効率よく脂肪を燃焼させてくれる運動ですので

体脂肪を燃やしたい方は取り入れた方が良いと思います。

運動をどうせやるなら効率よく、短い時間でより多くのカロリーを消費できる方が良いかと思います。

歩くのと走るのとでは、当然走る方が消費カロリーはより多くなります。

では、走るのと自転車ではどちらが効率的か?

これはちょっと難しい気もします。

消費カロリーは、運動強度によって決まります。

つまり走るペース、自転車を漕ぐペースによって変わると言うことです。

ペース以外にも上り坂など負荷が強くすればカロリーはより消費されます。

あとは、歩きなら腕を振るか振らないかでも変わります。

腕を振った方がカロリーはより消費されます。

自転車を低負荷でゆっくり走れば、歩くより少ない消費カロリーになる可能性もあります。

有酸素運動を選ぶ場合、どれが良いかと言うより自分が好きな物をやれば良いです。

有酸素運動としての効果は、どれも変わらないので

自分が飽きずに長く続けられるのを選択すれば良いと思います。

その日によって変えても良いです。毎回同じだと飽きて来るかもしれませんし。

また、膝への負担が気になるなら走るより歩きや自転車にしてみるとか

身体の状態によって選択を変えることも大切です。

一番関節に優しく負担のかからないのは、水泳です。

水泳は水の抵抗があるので陸上よりもたくさんのカロリーを消費するのでとても良い有酸素運動です。

より多くカロリーを消費したいなら

負荷を高くする(ペースを上げる)、運動時間を増やす、関節を大きく動かすことです。

でも、脂肪の燃焼を効率良くするなら高負荷の有酸素運動をやれば良いと言うわけではありません。

脂肪が一番燃焼しやすい負荷というのが存在するので

それを目安にすると一番効率よく脂肪を燃やせます。

有酸素運動は心拍数で運動強度を決めますが、主観的運動強度もあります。

主観的運動強度でちょっときついかなと感じるペースでやるのが良いと言われています。